Pocket

サンディエゴ市は今週、GEのCurrentと協力して大規模なIoTの展開をすることを発表した。市内の駐車場や交通の問題緩和および住みやすさの向上を目的として、3,200ものインテリジェントノードが展開される。

大量のセンサー配備だけでなく、新たに14,000個のLEDライトも投入される。これは市の街灯の25%に相当する数であり、この刷新により市の年間光熱費が240万ドル削減されるという。

この展開をスムーズに行うため、GEはAT&TやIntelとも手を組んでいる。AT&TがすべてのセンサーをIoTグリッドにつなぐLTEネットワークを提供し、すべてのLED器具にはIntelのAtom E3900プロセッサが内蔵される。

GEは他にも何社かの小さなスタートアップ企業とも提携している。その一社であるShotSpotterは銃声が起こった場所をリアルタイムで特定する技術を開発した企業だ。またCivicSmartという企業は駐車時間を大幅に短縮するアプリを持っている。

current-city-iq-work-san-diego

「イノベーションを促進しインフラを改善することは、サンディエゴ市民の生活を豊かにするうえで重要なことです。この新しいテクノロジーは、市とデベロッパーに対して安全とスマートさをより身近なものにしてくれるでしょう。」と語るのは、サンディエゴ市長のKevin Faulconerである。

市民がより安全でスマートかつセキュアな都市生活の恩恵に預かることを目指し、サンディエゴ市はこのIoTプラットフォームの導入に3,000万ドルを投入する予定だ。

「この歴史的な変革に携われることを誇りに思います。我々は効率的な照明によってサンディエゴ市の光熱費を削減したという歴史を光栄に思っています。そして今、エネルギーだけに留まらないインフラストラクチャーを新たなインテリジェントな領域に拡大しようとしています。」と、CurrentのCEO兼社長のMaryrose Sylvesterは語る。

LED器具の導入開始は7月に計画されており、その他の作業も年内に始まる予定だ。サンディエゴ市は今回の導入を機に、IoTプラットフォームの上にソフトウェアコミュニティが形成されることを望んでいる。

Pocket