Pocket

世界的に進む都市化により、スマートシティ市場は、今後10年で19%近い成長をみせると予測する、新たな調査結果が発表された。

Persistence Market Researchが発表したレポートによると、世界のスマートシティ市場は、現在の6220億ドルから2019年には1兆ドルを突破し、2026年には3.48兆ドルになるという。

「スマートシティ市場:世界の業界分析と2016-2026年の見通し」と題されたこのレポートは、スマートシティ市場の成長は、都市化を進める政府によるテクノロジーへの投資によって推進されると結論づけた。

「政府の構想による後押しもあり、活発な都市化はスマートシティを世界的に促進することだろう」とレポートでは述べられている。

成長を握るもう一つの鍵は、エネルギーインフラの改善と、交通に関する効率向上という課題である。

「スマートエネルギー分野には、もっとも多くの地方交付金が注ぎ込まれており、その評価額は2015年に1000億ドルを超えた。スマートグリッド技術を中国やドイツ、インドやスペインといった国々で展開することは、予測期間の前半で、スマートエネルギー分野が交付金受給の大部分を占めるための主要な要素となる」とレポートでは述べられている。

次の大きなターゲットはスマートセキュリティか?

しかし、スマートエネルギーへの投資は今後10年以降、スマートセキュリティへの投資に抜かれることになるだろうと、研究者たちはみている。

「スマートエネルギー分野は、2026年の終わりまでにスマートセキュリティに抜かれ、世界の政府交付金の4%を占めるに至る。ネットワークセキュリティやサイバーセキュリティ、IP監視カメラや公共安全のための無線アラームなどのセキュリティ技術は、スマートセキュリティ分野の成長を牽引することになるだろう」とレポートは結論づけている」

スマートシティの成長を支える第3の分野はスマートビルだ。

「エコな建設テクノロジーへの関心の高まりのおかげで、スマートビルは2026年に、市場価値シェア15%以上を記録し、5200億ドルを突破すると予測されている。毎年の成長について言えば、スマートセキュリティとスマートビル分野は、他の分野を追い越し、2016年には20%、2017年には23%の成長をみせるだろう」とレポートは締めくくっている。

関連記事:スマートシティ先進国が「世界一危険な国」になる日

Pocket