※本記事は、2015/6/29に投稿されたTechAcademyマガジンからの転載記事である。


本記事は、非エンジニアサミット「プログラミングをシゴトにする」の第4回イベントレポートである。このイベントは、これからプログラミングの学習を始める人を対象に開かれたものだ。ゲストは、クラウドワークスCTOの大場氏、Fablicの堀井氏。第1回ではゲストお二人の講演、第2回では「エンジニアになるために必要なこと」についてのディスカッション、第3回では「エンジニアとして働くときに求められるもの」についてのディスカッションの様子をお伝えした。


「これからのエンジニアに必要なスキル」とは

続いて、大場氏、堀井氏によるパネルディスカッションです。モデレーターはTechAcademyを運営するキラメックス株式会社の代表取締役社長の村田がつとめました。

パネルディスカッションでは、事前に参加者から募集した質問をもとに回答いただきました。質問はこれからエンジニアになっていくことを想定して、下記のセクションに分けて進めています。

  1. エンジニアになる前の段階
  2. エンジニアとして働く段階
  3. エンジニアとしてさらにスキルアップする段階

本記事は、3つ目のセクション「エンジニアとしてさらにスキルアップする段階」についてのディスカッションの様子をお伝えします。

 

3. エンジニアとしてさらにスキルアップする段階

村田:最後の項目に入っていきたいと思います。「エンジニアとしてどんなキャリアパスが描けると思いますか」という質問ですが、エンジニアとしてキャリアの長い大場さん、お願いできますか。

大場:いまエンジニアの責任者として会社の中での役割を担っていますが、究極的には「事業のためにエンジニアリングをどうするのか」みたいな話になっていくかなと思っています。なので、技術だけではなくて、最近だとマネジメントの本とかビジネス書を読んで、そこからキャッチアップするような勉強の仕方をしたりしてます。

村田:技術だけではなくて、その先の事業をテクノロジーで解決していくみたいなところに進めるようなパスがいいんじゃないか、という話ですよね。

村田:では次に、「エンジニアが仕事したいと思う環境はどんなところですか」という質問です。堀井さん、いかがでしょうか?

堀井:やはりエンジニア目線でいうと自由度が高いであるとか、個人の裁量が大きい方がチャレンジングなことがしやすいですよね。なので、そういう環境をいまの会社で作っていきたいと思ってます。

弊社のコアバリューがいくつかあるんですが、そのうちの1つに「エンジニアもチャレンジする」というものがあります。ある程度エンジニアの裁量でどういう設計をするか、について決められるような体制になっているので、「自分がいいと思ったものをすぐ試せる環境がある」のはエンジニアにとっていいのかなと思いますね。

村田:なるほど。では、最後です。「エンジニアとして成長するためにどんな人がいる会社で働くべきだと思いますか」という質問です。いかがでしょうか?

大場:前職のように、本当にエンジニアリング職人みたいな人がいっぱいいるところにいて感じるのは、「自分より優秀な人がいるところに身を置く」ことですね。自分が一番下手になって、あとは登っていくしかないみたいなイメージです。たとえば、学生時代にインターンで初めてプログラミングをして、ベンチャー企業を手伝いながら一番下っ端で頑張っていたらいつの間にか自分が一番詳しくなっていた。そのあと、さらに強い奴に会いにいきたいと言って弊社にジョインしてくれたエンジニアがいます。

僕自身もいかに自分より優秀な人に来てもらうか、自分自身がキャップにならないようにすごく気をつけていて、優秀な人が活躍できるような環境や会社やサービスが大事だなと思っています。

堀井:これは私もほとんど同意見なんですけれども、「自分よりも技術において素晴らしいと思った人がいるところ」ですね。あとは、自分のスキルセットに近しいのを持っている人がいるような環境にいくと、自分のやろうと思っていることが“一段引き上げられる”のでいいのかなと思っています。

あと、最近は勉強会とか発表された資料とかがWebサイトにいっぱい上がっているので、そういうのを参考にしながら企業を選んだりするのもいいかなと思っています。


次回は、当日おこなわれた質疑応答の様子についてお伝えする。

logo

Pocket