ReadWrite Japanについて

ReadWrite(リードライト)は2003年4月にRichard MacManus(リチャード・マクマナス)の手により、ReadWriteWebとして誕生しました。その後2012年10月にReadWriteとして生まれ変わり、今や世界中で広く読まれ、尊敬されるテクノロジーサイトになっています。業界に精通した各ライターのオピニオンや主張が込められた辛口な評論記事が特徴で、幅広い読者から高い評価を得ており、ワールドトップ20ブログの一つにも選ばれています。
ReadWrite Japan(リードライト ジャパン)は2013年9月に、ReadWriteの公式日本版”としてスタートしました。ReadWriteの刺激的な記事の中から、日本の読者が興味を持ちそうなものを厳選してお届けします。

ReadWrite Japanの開始にあたって

ReadWriteの公式日本版開始にあたり、ReadWrite編集長の Owen Thomas(オーウェン・トーマス)よりご挨拶を申し上げます。

owenthomas_0

ReadWrite Japanへようこそ。

リチャード・マクマナスがニュージーランドでReadWriteを立ち上げて以来10年間、我々は常に国際的な視点を持ち続けてきました。サンフランシスコに活動拠点を移した現在でも、我々の考え方は変わっていません。「変革的な技術やそれらへの鋭い見解は、あらゆるところから生まれる」
そうして生まれたものは、インターネットのおかげで世界中に伝わりあっという間に我々の生活に直接影響を及ぼします。Skypeが誕生したのはエストニアでしたが、今ではMicrosoftのサービスとなっています。日本の革新的な発明「絵文字」もまた、シリコンバレーが「stickers」と名付けてブームになり、思い付く限りほぼ全てのメッセージアプリに導入されているのです。
ReadWriteはこうした変化を見逃さず、常にその結果まで見通すよう心がけています。ReadWriteが世に知られているのは、ただ最新のニュースを表面的になぞるだけではなく、洞察力に富んだ分析を行うからなのです。この度は我々のパートナーであるジオマの協力を得て日本の皆さんに日本の言葉で我々の記事をお届けすることができ、非常に嬉しく思っています。

最後になりましたが、ReadWriteのグローバルなコミュニティの一員になっていただきありがとうございます。

ReadWrite編集長 Owen Thomas(オーウェン・トーマス)

運営会社について

会社名:ジオマ株式会社
担当部署:ReadWrite Japan編集部
サイト:https://www.geoma.co.jp/

プレスリリース窓口

ReadWrite Japanでは、皆様からの最新情報をお待ちしております。プレスリリースやプレス向け資料等をお送りいただける場合は、下記リンクよりメールにてお願いいたします。

プレスリリースの送付はこちらから

お送りいただいたプレスリリースは、編集部にて拝見したうえで、記事作成の参考とさせていただきます。なお、採否は編集部で判断させていただきますので、あらかじめご了承ください。
資料を添付される場合は、以下を参考にしてください。

お問い合わせ

当媒体に関するお問い合わせは下記までお願いいたします。
広告掲載やプロモーション、企画のご相談、取材の依頼などもお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちらから